ジャストで働く人

資格取得と並行して技術力アップも!
田村 貴志
2007年入社/本社 試験検査部 所属
工業高校電気科卒/保有資格:UT2/PT2/MT2/WES溶接管理技術者1級
JSSC鉄骨UT・製品検査技術者/鉄筋継手部検査技術者3種

ジャストで働くまでの経緯は?

私は職をいろいろ転々としまして、ガソリンスタンド、カラオケの店員、高級フルーツ店、この職に就く直前はアパートやマンションのリフォーム業をやっていました。
内装リフォームの仕事で、いちど内装を全部解体して躯体だけの状態にしてまた新たにという作業があったんですが、何回かやっていくうちに躯体のほうに興味が出てきて、元の骨組みや耐震の調査などの専門的な知識をもっと身につけたいなと思うようになったんです。リフォームを繰り返しても、結局は元がしっかりしていることが重要なんじゃないかという気持ちが芽生えてきて。

転職を考えてインターネットで検索していたときに、ジャストのホームページで社長のコメントを読んだんですが、「いいこと言ってるな」と感じるものがあったというか、胸に響きました。それで面接を受けて、「最初は資格の取得が大変だ」ということを言われたんですね。でもがんばってみようかなということになって入社が決まりました。

資格取得について

資格を取ろうと思ったきかっけは?

資格がないとできない仕事なんです。溶接検査でまず必要なのはUTレベル2。現場によっては資格を限定されることもあります。JSSC鉄骨UT・製品検査技術者、WES2、UTレベル3などがそうですがUTレベル2取得後の難関となります。
溶接の検査をするには最低でもUTレベル2が必須になるので、取得するまでの1年間くらいは検査員の手許をやっていました。ただ資格がきたからってすぐ現場というわけでもなくて、実践で使える技術を身につけないといけないんですね。個人差はあるんですが、資格を保有してからも一定期間は手許をやるので、私の場合は実際にひとつの現場を任されるまで入社から1年半くらいかかりましたね。

会社としても、実際に1年半しっかり勉強してから会社に貢献するということを認めてくれているわけですから、先輩に付いて教えてもらうというかたちでの教育やサポート体制がしっかりしているのが励みになりました。

努力したこと、苦労したことは?

現場を一人で出るようになってからの資格取得がけっこう大変で、はじめは慣れなくて遅く帰ってきて、なおかつ試験もあと1ヶ月後とかいうときは遅くまで勉強して次の日また朝早く出てというパターンは1年くらいありましたね。
だいたい勉強時間は現場の行き帰りに電車の中や、帰宅して夕食のあとですね。でもそうすると眠くなってしまうので、帰らずに会社に残って遅くまでやることもありました。

資格は取っていくごとに難しくなっていきます。一番最近取ったWES1級という資格は筆記試験なんですね。溶接の、より専門的な内容になりますので、本を熟読して内容がわかっていないと書けないものなのでこれはけっこう苦労しました。

働次はNDIシリーズのETレベル2を受ける予定です。大きい目標としてはUTレベル3ですね。一人前の検査員はUTレベル3を持ってないととは言われてますから。追求すればもっと上に難しい試験はあるんですがひとまず、最初の大きな関門ということです。

いま思い描いている将来像は?

後輩にきちんと教えることのできる先輩になりたい!

この仕事に終わりはないと思っています。先輩を見て感じるのは、どれだけ場数を踏んでいるかという経験が活きる仕事だなと。資格だけではなくて経験がすごく重要だと思いますので、10年20年と経験しないことには、それでも一人前と言えるかどうか(笑)。
でもだからこそ、やりがいはあります。私は何回か転職してここにたどり着きましたが、早くこの仕事に来ていればよかったなと思ったんです。

検査員をこのまま続けていくとして、後輩にきちんと教えることのできる先輩にはなりたいなと思ってますね。しっかりしたことを伝えられる。それが今描いているものですね。

私の関わるプロジェクトの流れ

STEP1
現場へ
1~2日前にシフトが決まります。検査道具や安全帯、ヘルメットを準備して現場へ向かいます。現場に着くと朝礼の後に新規入場者教育を受けます。
STEP2
検査
現場担当者との検査箇所の打ち合わせの後、検査がはじまります。ここでは溶接屋さんが溶接した部分を、判定基準を元に超音波検査と外観検査をメインに行います。検査をして合格が不合格かを判定しますが、部位も形状によって名前がすべて違いまので、部位別で判定をします。
STEP3
判定結果
判定結果が不合格のとき、超音波探傷の場合は溶接部に欠陥がある可能性が有ります。外観検査も溶接の形状が合格基準に満たない場合不合格の判定になります。
不合格となった溶接部は現場の施工要領書に従い補修溶接をしてその後再検査を行います。
作業条件にもよりますが、足場が悪かったり体勢が悪かったり、気象条件などで溶接の中に欠陥が入る場合も有り、いろんな条件が重なって不具合がおこったりします。
溶接部の不具合は破断や割れなど、重大な事故を引き起こす原因にもなりますので慎重な判断が必要になります。
STEP4
仮報告書の作成
検査が終わると、最後に現場で仮の報告書を作成します。仮報告書が作成でたら、現場担当者に検査の結果報告をして、現場での作業は終わりです。
STEP5
納品用の報告書
作成
会社に戻ってきまして、今度は持ち帰ってきたデータで報告書の作成があります。パソコンに入力後何度かチェックをし最終的に検査部長のチェックを通り完成品として現場の方に発送します。
補足
大型現場になると1日では終わらず、半月や1年のペースになりますので、毎日帰ってきて入力、チェックを繰り返し蓄積したデータは、節や工区が終わるごとに本報告書を作って提出。それが1ヶ月や2ヶ月のサイクルでずっと続いていくようなかんじになります。
こんな人たちも働いています!
  • 中村 佳之
  • 田村 貴志
  • 大里 久伸
  • 櫻井 智規
  • 橋本 博司

PAGE TOP

CORPORATE SITE